歯列矯正、審美歯科、ホワイトニング、いびき治療、入れ歯、東京都港区麻布十番

審美歯科

審美歯科

審美歯科でできること

審美歯科とは、簡単に言うと『歯』を美しくするという意味です。

最も新しい考え方では、「美しい歯」とは、歯そのものの美しさだけではなく、口元の印象を決めるスマイルラインEライン、歯ぐきの色や健康状態などを含めた総合的な美しさのことを言います。審美歯科では、単に歯を白くするだけではなく、歯並びや歯茎の状態などもトータルで考えて美しくする治療をおこなっています。

  • スマイルライン

    スマイルライン 
    笑ったときの上の歯の縁を線で結んだライン。笑顔の印象を決めます。

  • Eライン

    Eライン
    横顔を向いたときの鼻の頭とアゴの先を結んだライン。横顔の印象を決めます。

審美歯科として当クリニックで行う治療

セラミック冠、差し歯の治療

審美治療には欠かせないセラミックの差し歯は、これまでは金属を使ったメタルセラミック(メタルボンド)が主流でした。メタルセラミックは何年か使用しているうちに歯茎の色が黒くなる「歯ぐきの黒ずみ」が起きたり、金属アレルギーなどの問題がありました。

こうした身体に有害な問題点を解決したのがオールセラミック技術です。最も新しい技術では、審美性はもちろん耐久性も優れ、これまで不可能とされていた奥歯のブリッジなどにも使用することが可能になりました。

当クリニックでは、金属を全く使用しないオールセラミックによる治療を行っています。現在のセラミックス素材の中で最も美しい「ジルコニア」「エンプレスⅡ」を使用しており、安全性、審美性にもご満足いただけます。最も新しい差し歯では、歯の根元部分に「グラスファイバー」を使用し、全く金属を使わずに治療可能です。当クリニックでも土台からご希望のかたには「グラスファイバー」を使用します。

オールセラミック オールセラミック

当医院の審美歯科で取り扱う美しいオールセラミック(差し歯)。オールセラミックの中でも高品質な光を通すエンプレスⅡまたはジルコニアを使用。歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配がありません。

メタルボンドセラミックス メタルボンドセラミックス

従来の差し歯、メタルボンドセラミックス。耐久性は十分ですが、金属部分が溶け出し、歯ぐきの変色や金属アレルギーの原因となることがあります。

メタルボンドセラミックス

オールセラミックスとの相性の良いグラスファイバーの土台。
光が良く透過し、透明感があります。差し歯用の土台に優れた素材です。
金属アレルギーや黒い歯ぐきの心配がありません。
新しい審美歯科では、体に負担をかけない新素材を用いています。

当クリニックのセラミックは海外製ではありません。使用する素材は最も新しい素材と新技術のものを常に取り入れています。セラミックやグラスファイバーなどは国内でも定評のある優れたラボで一つ一つオーダーメイド製作をしています。

▲ページのトップへ

歯列矯正

歯列矯正

審美歯科の代表的なものに矯正治療があります。従来の歯列矯正は「金具が目立つ」「金属アレルギーが出る」などの不快要素がありました。最近では、目立たないワイヤーを使用したり、金具部分を樹脂やセラミック素材にしたり、表面からは見えない技法で取り組む方法が開発されたりと、不快要素が軽減されまし た。

透明なマウスピースを使用したマウスピース矯正もおすすめです。

マウスピース矯正についてもっと詳しく

黒い歯ぐき

当クリニックでは、タバコなどの刺激を受けた黒い歯ぐきをきれいなピンク色に再生させる治療も行っております。歯ぐきが黒くなる理由はメラニンによるものが多く、メラニン除去治療でキレイなピンク色に戻すことができます。

除去治療前の状態
歯ぐきが黒いのはメラニンが原因です。 

メラニン除去治療後
きれいなピンク色でスッキリしました。

審美歯科は、虫歯や銀歯、入れ歯などを白い歯に作り変えることを中心に行われています。ところが金属を使用した差し歯(メタルボンド)を使うと、時間が経過すると共に口の中の金属が唾液により溶解され、歯ぐきや周囲が黒ずんでしまうことがあります。

金属で黒くなった場合、状態によってはメラミン除去治療では効果が出ないことがあり、金属を使用しないオールセラミックに変える治療が必要です。オールセラミックについてはセラミック冠や差し歯の治療をご覧下さい。

金属で黒ずんでしまう理由

金属で黒ずんでしまう理由

差し歯で歯ぐきが黒くなる場合は、歯の根に金属の土台と、メタルセラミックの異なる金属がある場合に見られます。

金属と金属が接すると電気が発生する(電池現象)ので、電気的に弱い金属のほうが溶解して、歯ぐきが黒くなってしまうのです。差し歯をセラミック、土台をグラスファイバーやゴールド系で作ればこの問題はありません。

また、金属の土台を使うことで歯自体が壊れてしまう心配もありましたが、グラスファイバーの土台はその心配がほとんどありません。

▲ページのトップへ

前歯の隙間、すきっ歯の治療

前歯の隙間が気になる方におすすめです。

ちょっと気になる前歯の隙間
いわゆる「すきっ歯」です。
 

たった数ミリの隙間がなくなると
かなり印象が変わります

近年すきっ歯の審美治療を希望する人が増えています。
審美歯科の技術は、数年前に比べ格段に進歩しています。すきっ歯の治療もその一つ。新しい審美歯科の治療方法「ラミネート法」は簡単にできる治療で、歯を削ることなく隙間を埋めることができます。

これまでは、金属を使用した差し歯(メタルボンド)による治療が主流でしたが、ラミネート法によって神経を痛めずに治すことができるようになりました。差し歯による治療にくらべてやや耐久性に難点はありますが、簡単に短時間で治療ができるので、患者さんの負担が軽減されます。

ご希望にあわせた治療法をご案内しています。
多少時間はかかっても
根本的に治したい
歯列矯正をしましょう。部分矯正なら費用も抑えられます。
部分矯正にはマウスピース矯正がおすすめです。
短期間で綺麗にしたい セラミックを使ったラミネートベニアがおすすめです。
短期間で歯並びが整い、美しく仕上がります。
新しい矯正歯科の「マウスピース矯正」

矯正装置を使いながら歯を移動させて、隙間なくします。数ヶ月掛かりますが、根本的に治したい人は歯列矯正にしましょう。

新しい矯正治療「マウスピース矯正」では金属の金具やワイヤーを使用しません。透明なマウスピースを入れておくだけで人に知られることや痛みもなく、簡単に矯正治療ができます。金具やワイヤーがないので口の中に傷がつかず痛ももなくお勧めです。同時にホワイトニングも可能です。
費用は単純なもので5〜30万円程度です。

ただし、抜歯が必要なケースや大きく動かすケースには向きません。

マウスピース矯正についてもっと詳しく

ラミネートベニア

歯の表面を一層削り、セラミックを貼り付ける治療です。歯の変色や形状の変化を修正する治療なので、差し歯のように大幅に削ったり、神経をとる治療ではありません。

ラミネートベニア ラミネートベニア

前歯2箇所の歯並び
やや重なりがあり気になります。

 

オールセラミック・エンプレスや
インセラムなどを使った治療で、
短期間で美しくなります。

前歯の隙間、すきっ歯の治療一覧
  治療のポイント 金額 8%税込
歯列矯正 すきっ歯の部分矯正です。
矯正装置を使いながら歯を移動させ隙間を審美的に回復。数ヶ月掛かりますが、根本的に治したい人は歯列矯正にしましょう。
単純なものは
15〜20万円程度
ダイレクト
ボンディング
2ミリ以下の隙間をすぐに治したい方に。6〜12ヶ月で取れることがありますが、僅か1回の来院で済むのでとても簡単なすきっぱ治療です。 16,200円/1本
ラミネート
ベニアチップ
2ミリを超える目立つ隙間に。
ラボで隙間を製作し、すきっ歯を埋める方法です。治療回数は通常2回。素材はポーセレン、ハイブリッドセラミックです。
43,200円/1本
または
64,800円/1本
ラミネート
ベニア
歯並び改善から目立つ隙間まで対応。
神経を取ることなく、審美回復できます。2日の来院で美しく仕上がります。素材は高品質のセラミック・インセラムです。
108,000円/1本

上記のボンディングやラミネートベニアなどの値段は1本分ですので、大きさにより2本分の費用が必要となります。
個人差があるため、ご希望の治療が出来ない場合もあります。
カウンセリングは無料でおこなっています。

▲ページのトップへ

前歯のブリッジ・差し歯

歯を削らずに治療したい方におすすめ。
ウイングアタッチメントは失った歯にブリッジを貼り付けることができます。
かみ合わせによっては歯を削ることなく治療できる新しい治療方法です。

取り外しの入れ歯ではなく、ブリッジや差し歯のようなタイプです。見た目ではわからないだけでなく、歯と一体型なので装着時の違和感もありません。

ウイングアタッチメントの装着イメージ
ウイングアタッチメントの装着イメージ ウイングアタッチメントの装着イメージ

歯を失った状態。

 

ウイング式アタッチメントを装着。
ブリッジや差し歯とはやや異なり、
歯の裏面のみアタッチメント加工。

前歯のブリッジ:メタルのウイングアタッチメント
前歯のブリッジ:メタルのウイングアタッチメント 前歯のブリッジ:メタルのウイングアタッチメント

メタル製のウイングアタッチメント
とても頑丈な素材です。

 

歯を裏側から見た状態。
歯の裏面のみを加工して、
アタッチメントを固定します。

前歯のブリッジ:グラスファイバーのウイングアタッチメント
前歯のブリッジ:グラスファイバーのウイングアタッチメント 前歯のブリッジ:グラスファイバーのウイングアタッチメント

グラスファイバーという新素材の
採用で審美性が高まりました。
セラミック+グラスファイバー

 

歯を裏側から見た状態。
裏面のみを加工して、
アタッチメントを固定します。
歯と接着することもできます。
(状態によっては加工は不要です。)

注:かみ合わせによっては治療できないこともあります。

▲ページのトップへ

(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。