ホワイトニング、歯列矯正、審美歯科、いびきの治療、入れ歯、インプラント 東京都港区麻布十番

インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、人工の歯根を顎骨に埋め込み、その上にさし歯をかぶせる先端医療です。
天然の歯のような感覚から『第二の歯』とも言われています。

失った歯を取り戻したい方、入れ歯やブリッジに不満のある方にはインプラントをおすすめします。骨に埋め込むため異物感がなく、自分の歯で噛む感覚なので食事がさらに美味しく楽しめます。

また、入れ歯による発音障害からも解放されますので、会話もさらに楽しくなります。

歯を失った状態 インプラントを埋め込んだ状態最終的にはインプラントの上に人工歯(差し歯)を製作します。

歯を失った状態

インプラントを埋め込んだ状態
最終的にはインプラントの上に人工歯(差し歯)を製作します。

歯のない状態。食事が噛めません。 インプラントで自分の歯のようにしっかり噛めるようになります。

歯のない状態。食事が噛めません。

インプラントで自分の歯のようにしっかり噛めるようになります。

インプラントの利点

インプラントにはブリッジや入れ歯にない利点があります。

歯が失われてしまった場合の治療方法にはいくつかありますが、健康な歯を加工し、橋を架ける「ブリッジ」が広く用いられています。

しかしブリッジは健康な歯を削る必要があり、装着した後には余分な負担がかかります。また、ブリッジの人工歯と歯ぐきの間に食物が入り込みやすく、歯周病の原因となることもあります。こうした問題はブリッジの本数が多いほど負担が大きくなり、場合によっては歯が抜け落ちることもあります。

インプラント 歯を失った場合の治療として、従来から用いられる方法にブリッジという治療方法があります。この方法では失った歯の両隣は削って加工しなければなりません。
インプラント ブリッジを装着した状態。失った歯に余分な負担が加わります。
インプラント インプラントを使用した場合では、両隣の歯を削ることなく機能的、審美的に改善することが可能です。

当クリニックのインプラントは国内最大手のP0Iインプラントシステムを使用しています。
インプラントの手術は水曜日と祝日のみ実施しています。手術に保険は適用されません。

インプラント治療が可能な方

インプラント治療が可能かどうかを判断するには、顎骨の状態が重要です。顎の骨量を検査し、問題が無ければ手術は可能です。

その他「毎日アルコールを飲む」「タバコを吸う」「重い全身的な疾患を抱えている」など、後述のインプラント不適応事項に当てはまらなければ、成人であれば概ね適応です。高齢者の方でも、顎の状態が良好で、全身疾患の問題が無ければインプラントは可能です。

タバコが及ぼす悪影響

タバコを毎日吸う方、ヘビースモーカーの方はインプラントは適しません。タバコには多くの化学物質が含まれており、歯ぐきに炎症をおこし歯周病になります。炎症を起こした歯茎は、細菌などに対抗する抵抗力が低くなります。タバコにより治癒が遅くなり、傷が開きやすくなります。

インプラントを検討されている方は、インプラント手術期間中はもちろん、治療終了後も禁煙することが望ましいです。

インプラント治療に向かない方

  • 顎骨の状態が悪く量が少ない方。
  • インプラントを埋め込む顎骨にスペースが無い方。
  • 重度歯周病(歯槽膿漏)、歯の周辺や根元に感染症がある方。
  • 口腔乾燥症(ドライマウス)、糖尿病、高血圧、心臓病などの疾患のある方。
  • 毎日アルコールを飲む方、タバコを吸う方、チタンにアレルギーがある方にはインプラント治療が適さないことがあります。

インプラントと糖尿病

糖尿病や全身疾患がある方はインプラント治療される前に相談をしてください。糖尿病の場合、抵抗力の低下で感染しやすくなります。結果としてインプラントを埋め込んでも傷口から感染しやすくなります。血糖値を十分コントロールされていれば問題はありませんが状態によってはインプラント治療ができない場合もあります。

インプラントと年齢

未成年の方はインプラント治療ができませんが、年齢に上限はありません。インプラントを埋め込めるできる骨があれば高齢の方も治療可能です。また、骨が薄い場合には骨移植や骨造成を行えばインプラント治療が可能となります。

未成年の方は、骨の成長が止まってからインプラントを埋め込むことが好ましいでしょう。歯を失った部分は骨の状態が良くなるまで「入れ歯」を使用し、経過を観察します。

▲ページのトップへ

(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。