歯列矯正、審美歯科、いびきの治療、ホワイトニング、入れ歯 東京都港区麻布十番

いびきの治療

いびきの治療

いびきの原因と治療法

いびきの原因は

いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因は、主に肥満、アルコール、加齢、鼻疾患、小顎などで、空気の通 り道「気道」が圧迫されて発症します。

いびきの治療法・酸欠防止

比較的軽度のいびきの場合は家庭でのちょっとした工夫や日常生活の改善で治ることもあります。例えば横向きに眠る、枕を低くする、アルコールを控える、減量・ダイエットする、スポーツをする、睡眠薬や筋弛緩薬をやめる点鼻薬を使うなどがあります。

防止対策でもいびきが改善しなかったり、無呼吸症を併発しているなどの場合は、より効果の高い専門治療が必要となります。治療として確立しているものは、負担の少ない新しい治療方法であるマウスピース治療、鼻マスク治療、外科手術などがあります。

重度の無呼吸症候群にはこんな危険が!!

厚生労働省の報告では、重度の無呼吸症候群では5年後の生存率は約80%(死亡率約20%)とされています。死因は突然死がほとんどです。

身体に負担が少なく、酸素を取り入れます。
効果の高いマウスピース治療

マウスピース

当クリニックでは、マウスピース(スプリント )を使っていびきを治療します。手術は不要で、費用は6万円ほどですから、他の方法よりも安価にいびきの治療ができます。

そのうえ、市販のいびき防止グッズなどとは異なる専門医療であるため、いびきを防止する効果は絶大です。また、睡眠時無呼吸症候群の治療としても極めて効果が高い治療法です。

初回の検査で良好と判断した方のみ、マウスピースでの治療が可能です。上下の歯と顎の状態に合わせてアクリル樹脂でマウスピースを製作します。

マウスピース治療についてもっと詳しく

正常な場合 正常な場合
気道が十分開いて、いびき・無呼吸はありません。
いびき・無呼吸 いびき・無呼吸
普通に口を閉じている状態。気道が圧迫されます。
酸欠になりとても危険な状態です。
マウスピースを入れた状態 マウスピースを入れた状態
下顎を持ち上げ気道を開きます。空気が通りいびき、無呼吸を防止します。効果が高く、有効率は90%です。

▲ページのトップへ

(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。